沖縄でシュノーケリングを楽しいむなら、ここ!

沖縄は、きれいな海と熱帯魚で手軽にシュノーケリングできるスポットは、数多くあります。

その中でも、那覇から船で、15分ほどの慶良間の国立公園がお勧めです。ここは、チービシ環礁エリアとも言い、離島なのですが、アクセスも良く、

半日のシュノーケリングコースでも十分に楽しむことが出来ます。

チービシ環礁エリアの海は透明度が高く、熱帯魚も真近で見れますので、沖縄のマリンレジャーを満喫できます。

シュノーケリングは、ダイビングと違って、初めての方や、小さなお子様でも、手軽に楽しめますので、人気のレジャーです。

泳ぎが得意でなくても、浅瀬で水中眼鏡でのぞくだけでも、たくさんの小魚を見つけられます。

この慶良間エリアは、ウミガメの産卵地としても有名なので、時期によってはシュノーケリングで、産卵場面に出会えることもあります。

また、北部の離島では、水納島もお勧めのシュノーケリングスポットです。ここは、美ら海水族館から近い場所で、離島まで船で15分くらいなので、アクセスもとても良いです。

島の形がクロワッサンに似ているので、クロワッサン島という別名で親しまれています。

ここでのシュノーケリングは、美しい色とりどりのサンゴ礁も楽しむことが出来ます。サンゴ礁の合間から、かわいい熱帯魚が楽しそうに泳いでいます。海もブルーグリーンの鮮やかな美しい色合いです。